2021年11月04日

新登場 桔梗信玄シェイク

中央道下り線、談合坂サービスエリア内にある
カフェ桔梗屋黒蜜庵で桔梗信玄シェイクが新登場しました。

ここのお店では、桔梗信玄ソフトプラスや桔梗信玄生プリンなど
桔梗屋の人気オリジナルスイーツを販売しています。

桔梗信玄シェイクは、その名の通り
桔梗信玄餅の風味をそのままシェイクにしたもので
現在は、このお店でしか味わえません。

バニラをベースに、濃厚な黒蜜と北海道産きな粉の香ばしい香りが
とてもよく合っていて、山梨ならではの美味しさも楽しめます。

カフェ桔梗屋黒蜜庵には色々なスイーツがあり、目移りしてしまいますが
そんな時はこれがオススメです。

営業本部 営業課 飯室拓也

2021年11月02日

柿のパウンドケーキ

甘いものが大好きな母を喜ばせようと思い、旬の果物を使ったお菓子を作ろうと、
グリーンアウトレット1/2に買い物に行きました。

店内には、柿や無花果など、今が旬の果物が並んでいました。
今回はその中から柿を使ったパウンドケーキを作ることにしました。

プレーン生地の材料、薄力粉、バター、卵、砂糖、ベーキングパウダーに
スライスした柿を混ぜて、170度のオーブンで50分焼いて完成です。

パウンドケーキを作るのは初めてでしたが、
母がとても美味しいと喜んでくれたので嬉しかったです。

本社製造部 石澤柊

2021年11月01日

新しいアウトドア道具

今まではガスバーナー、固形燃料で
料理をしていましたが
先日、新しいアウトドアの道具を購入したので
試してみたく近所の川に来ました。

新しく購入したアルコールストーブを
使ってラーメン作りをします。

アルコールストーブに燃料用アルコールを入れ
メスティンに水を入れてお湯を沸かします。
お湯が沸いたらラーメンを入れて後は待つだけ。
この時、時間を計るのを忘れてしまい
少し茹で過ぎてしまいました。


ラーメンを食べた後はのんびりと
一人の時間を過ごします。
この時期の河川はススキがあったり秋を楽しむ事が出来ます。

趣味のアウトドアが久しぶりに出来て
楽しい時間を過ごせました。

製造部 山梨市工場 又野憲光

2021年10月28日

長田家の秋

長田家の秋は稲刈りの秋。
毎年秋になると実家に家族が集結します。
両親と3兄弟が集まるのは、お盆と正月と稲刈りの時だけ、
それほど長田家にとっては大切な行事です。

この日は刈って天日干しした稲をこいていく作業。

秋晴れの中、米を運び、藁を運び、なかなか大変な作業ですが
今年も無事に終える事が出来ました。

稲刈りを通して、家族が少しだけ仲良くなる、それが長田家の秋です。

製造部山梨市工場 長田祥三

2021年10月27日

秋の七草

今月も残すところ、あと数日。

カレンダーの枚数が少なくなるにつれ、夜はどんどん長くなり、朝晩はとても冷え込みます。

ここ最近は、家に帰ってすぐに入る熱いお風呂が私の心の癒しです。

 

さて、先日、娘とテレビを見ていたら、秋の七草についてのお話が流れていました。

春の七草は毎年食べているから言えるけど、秋の七草はなかなか言えないなあと思っていると、

「【おすきなふくは】と覚えるといい」と解説が出ていました。

 

おすきなふくは、とは

 

お オミナエシ

す ススキ

き キキョウ

な ナデシコ

ふ フジバカマ

く クズ

は ハギ

 

と、秋の七草の頭文字を取った言葉だそうです。

 

なるほど、確かにこれなら簡単に覚えられそうです。

ひとつ賢くなったところで、お花の刺繍をするのが好きな私は、秋の七草をモチーフにして刺繍をすることにしました。

今回は桔梗屋のロゴでもあるキキョウ、娘の大好きなススキとお月見うさぎ、そしてアクセントにハギを配置してみました。

 

最近、いろいろなことによく気が付く娘はキキョウの花を見て、「ママ、これ、桔梗屋よ。」と何度も繰り返し言っていました。

かわいくできたので、Dolce vitaで購入したブーケをドライフラワーにしたものや、お散歩中に娘と見つけた草花なども一緒にテーブルに飾りました。

お部屋を彩る私たちだけの秋の七草を愛でながら、あっという間に過ぎ去っていく秋をできるだけ長く楽しめたらいいなと思います。

 

経理計算課 小野田