2022年03月10日

感謝の日

3月9日は「サン(3)キュー(9)」(Thank you)という語呂合わせから

身近な人や日頃お世話になっている人に感謝を伝えるための

「感謝(サンキュー)の日」に制定されているそうです。

この日にちなんで、先日、東治郎美術館通り店と

併設するDolce Vita(ドルチェ ヴィータ)で、

日頃からお世話になっている両親に感謝を伝えるべく

「いちご大福」と「ピンクのカーネーション」を購入し、贈りました。

「大きい福」という名前から、縁起の良いお菓子とされている「大福」。

さらに「いちご大福」は日本で昔から伝統的にお祝い事に使われてきた

紅白カラーなのでより縁起が良く、

赤のカーネーションは母の日の贈り物のイメージが強いですが、

「ピンクのカーネーション」は、感謝(サンキュー)の日には

ピッタリの「感謝」という花言葉があります。

いちごと花好きな両親はとても喜んでくれました。

言葉で感謝を伝えるのは、気恥ずかしい部分や照れ臭い部分がありますが、行事やお菓子、花の力を借りながら、これからも少しずつ両親に恩返しをしたいと思います。

営業 天野

2022年03月08日

特別な日

結婚してから5年が経ちました。

幸いなことに子供にも恵まれ、毎日楽しく生活しています。

 

3月3日は、妻の誕生日で私たち夫婦の結婚記念日。

 

結婚式のブーケや装花でもお世話になった

ドルチェヴィータでアレンジメントを購入し、

毎年恒例となった感謝の気持ちを込めた手紙を

添えて妻にプレゼントしました。

 

黄色をモチーフに作成して頂きましたが、

いつも素敵なアレンジメントで、ドルチェヴィータのスタッフの方には感謝しています。

 

もちろん妻はとても喜んでくれて、妻と娘と楽しい「特別な日」を過ごせました。

 

製造部山梨市工場  長田祥三

2022年03月05日

『春一番』

『つくしの子がはずかしげに顔を出します もうすぐはるですねえ』
知らず知らずのうちに口ずさんでしまいます。
つくしはまだ見当たりませんが、ふきのとうが沢山顔を出しています。
今年も大好きな季節がやって来ました。
家庭菜園の準備、雛祭り、そして今年は一人娘の高校受験と、
なんだかソワソワした毎日を送っています。

また、春と言えば「桔梗屋工場祭り」。
今年こそはと期待していましたが、もう少しお預けとなってしまいました。
(写真は2014年4月12日・13日に開催した「第13回工場祭り」の準備の様子です)
チョットでもワクワクするような春に期待をこめて、今日もコツコツとがんばっています。
製造部 山梨市工場 中山猛
2022年02月22日

香りの正体

出勤の際、桔梗信玄餅工場テーマパーク内にある事務所棟の裏側を通ってくるのですが、
時々甘酸っぱい良い香りがしてきます。

香りの正体は、こちら。

自社農園ハイジの野菜畑で収穫した真っ赤ないちごです。

採れたてのいちごが「早く食べて」と、言わんばかりに
今か今かと出番を待っています。

この自社農園産のいちごは、「いちご大福」や「ハイジの白パンフルーツマリトッツォ」、
「いちごクリームどら焼」、そして「いちごパフェ」に大変身。
どれをとってもいちご好きにはたまりません。

今季既に、大福、マリトッツォ、どら焼は食べたので、
残すはパフェで制覇だな。と思いきや、なんと先日「桔梗屋企画室ブログ」を見ていたら、
自社農園ハイジの野菜畑のいちごをたっぷり使用した、
「クリームソーダ」に「フルーツティー」そして「いちごミルク」が新登場との情報が。

長寿村権六小淵沢店で販売とあり、いつ買いに行けそうかなと考えながら読んでいくと、
3
月上旬にハイジの村でも販売予定とありました。

ちょうど、春休みに子供と一緒にハイジの野菜畑でいちご狩りを計画しているので、
その時に新しいいちごのスイーツを完全制覇しようと思います。

経理計算課

池田

 

2022年02月17日

お弁当デビュー

仕事のお昼休みに一年間以上カップラーメンを食べてきました。
手軽に空腹を満たすことのできるカップラーメンは便利ですが、
このまま毎日のように食べていると、塩分を取り過ぎてしまうと思い、
お弁当を作ろうと決意しました。

自分でお弁当を作ったことが無かったので、おかずは何にしようか悩みましたが、
私の好物のお肉を入れ、焼肉弁当にしました。

 

栄養のバランスなどを考えると、まだまだ改善していかなければならない
お弁当ですが、これから少しずつ勉強していきたいと思います。

今以上に仕事に力を発揮できるように
毎日3食、バランスの良い食事を心掛けていきたいです。

製造部山梨市工場  風間和基