2018年08月18日

まあるいお餅

 

わたしはプレミアム桔梗信玄餅アイスの上に乗っている餅の製造をしています。

 

 

わたしはこの餅を製造するうえで心がけていることがあります。

それは餅をきれいに丸く作ることです。

 

餅を成形してベルトで流し手で取ってトレー入れるのですが、餅を手で取る作業はコツをつかまないと

なかなか上手くトレーに入れることができません。

 

餅を取る時に気を付けることは手に力を入れ過ぎないことと、餅と一緒に黄な粉を多く取りすぎないことです。

 

 

この2つを気を付ければ形が崩れず、きれいな丸いお餅を作ることができます。

 

今年の夏はとても暑いのでアイスが恋しくなります。

プレミアム桔梗信玄餅アイスを手に取っていただいたお客様に、このアイスのお餅丸くてかわいいね。と

言って頂けるように今日もまあるいお餅を製造していきたいと思います。

 

製造部  清水

2018年08月18日

あいぱく仙台

現在、宮城県の三井アウトレットパーク 仙台港であいぱくが開催されています。

このイベントは822日(水)まで行われます。

 

 

朝から沢山のお客様が開店待ちで並ばれていました。

これだけのお客様に集まって頂けることは本当に嬉しいです。

 

 

桔梗屋からは引き続き「桔梗信玄ソフト+」や「桔梗信玄ソフト 吟造り+恋い抹茶」を販売しています。

また定番のカップアイスに加え、 

私のすきな新商品「桔梗信玄餅アイス 塩あずき」も持ってきています。

 

桔梗信玄ソフトは地元山梨やあいぱくなどのイベントでないと食べる機会がないので

来場された方は、桔梗屋ブースにお立ち寄りください。

夏の思い出に残るよう桔梗信玄ソフトを想いを込めてひとつひとつ丁寧にお作りします。

 

営業本部 岩間

 

 

 

2018年08月17日

おざら

まだまだ暑い日が続いていますね。
長寿村権六ではお盆で帰郷する方、夏休みで遊びに来る方など、連日たくさんのお客様にご来店頂き、うれしい悲鳴が上がっています。
暑い日でも一番人気は、ぐつぐつ煮込んだアツアツの”煮込みかぼちゃ豚肉ほうとう″ですが、私のお勧めは”おざら”です。


”おざら”は冷たい麺をあたたかい醤油ベースのつゆにつけて頂くつけ麺です。今日はアツアツのものは食べられないな、といった方にお勧めしています。加えて”おざら”は全国的にメジャーな郷土料理ではない為に、どこでも食べられるといったことはありません。なので、ぜひ山梨に足を運んで来た際には食べてみてほしいと思い、お勧めしています。

直営店 宮澤

2018年08月13日

モノ作りの大変さ

最近家庭菜園にハマッていてモノを作り育てることの

楽しさ難しさに一喜一憂しています。

 

 

本を読んで育て方の勉強をして細かな変化を逃さずに

どうすればより良いモノが作れるかを考えています。

職場では桔梗信玄生プリンの製造に携わる事が多く温度や湿度

によってプリンの固まる時間が微妙に変わり良品の製造数が

変わってしまう事もある為モノを作ることは

大変だと改めて実感しています。

これからも自分なりに色々考え試行錯誤しより良いモノが作れる

ようにしていきたいです。

 

製造部 丸田

2018年08月11日

桔梗信玄棒きな粉ふり

今回は、桔梗信玄棒の製造のなかでの一部
きな粉をまぶす工程に注目したいと思います。

110本くらいの桔梗信玄棒とコップ1杯
のきな粉を袋に入れて
桔梗信玄棒にきな粉をまぶしていきます。

この時、桔梗信玄棒を袋の中で4回転くらい
回すのがポイントで
回しすぎてしまうと、桔梗信玄棒が折れてしまい
反対にあまり回らないと
桔梗信玄棒にきな粉がまぶされず
といった具合になってしまうんです。

きな粉をまぶしたものがこちら

きれいにきな粉でコーティングされています。

1日数万本の桔梗信玄棒をきな粉でまぶしていくんです。

 

 

製造部 またの