2018年07月14日

暑い時こそ

 

梅雨もあけ

毎日暑い日が続いています。

 

暑いとついつい冷たいものばかり飲んでしまいますが

身体が冷えてしまいよくありません。

 

そこで身体の中を温めようと

最近飲んでいるのが梅こぶ茶です。

 

私は酸っぱいものが大好きなので

美味しく飲んでいます。

 

また、梅のもつ酸味には

疲労回復効果があるので、

夏バテにも最適です。

 

梅こぶ茶を飲んで

夏を乗り切りたいと思います。

 

製造部 秋元

 

2018年07月13日

成長を感じる日

あっという間に7月も中旬。めまぐるしい速さで進みます。
小さな頃は1日が長く、早く大人になりたいと思っていたのに、今では1日が短く、暑さに負けずはしゃぎまわる子どもが羨ましい。

毎日顔を合わせている我が子の成長は、見た目ではそんなに変化を感じないけれど、以前撮影した写真を見るとびっくりする程成長を感じます。

女の子の美しい成長と男の子の健やかな成長と幸せを願う、ハイジの村の「スイスの花祭り」が2014年に開催されてから毎年参加していますが、お祭りの最後にファッションショーがあり、そこで毎年記念撮影をしてくれるのですが、初めての年は長男も緊張気味でしたが、2015年は一緒に参加できるようになった弟の前を歩き、2016年は弟と仲良く手を繋ぎ、昨年は弟と照れくさそうな写真。

明後日15日はどんな姿の写真が撮影できるか今からワクワクしたり、なかなか普段活発な動きの男の子に白い服は勇気がいることなのですが、汚れても思いっきりハイジの村で遊びまわる子ども達の姿を見るのをとても楽しみにしています。

 

直営店 清水

 

2018年07月09日

米の雫

 

「お客様のアイデアコンクール」で

最優秀賞を受賞された渡辺様、提案の商品。

 

お米のプリン「米の雫」が

桔梗屋東治郎一宮店で販売開始されております

 

 

山梨県ブランド米 五百川を使用した

自然な甘味と お米の風味が香るお米のプリンです

 

こちらの商品は要冷蔵の商品で

ひんやりと冷たくてこの時期にピッタリです

 

楊枝を刺すとぷるんっとプリンが出てくるので

見ていて楽しいです

 

直営店 小清水

 

2018年07月09日

火加減

梅雨も明け夏に向けて暑くなってきました。

私はここのところどら焼きの機械を扱う事が多く

皮を焼くのは難しいと感じています。

 

その日の室温や湿度、卵の温度等で

焼き上がりが変わってしまうからです。

火加減を間違えれば表面がボロボロになったり

焦げてしまいます。

 

なので一日中綺麗に焼けた日はとても嬉しくなります。

火加減のコツも掴めて来たので失敗の無いよう頑張っていきます。

 

 伊波

 

2018年07月07日

桔梗信玄餅どらいす

山梨市工場では、桔梗信玄餅どらいすを製造しています。

桔梗信玄餅どらいすは、家傳どら焼きと同様に皮の製造から包装までライン化された機械で製造しています。

しっとりと焼き上げたどら皮に餡、餅、クリームの順で乗せられていきます。

その後上部のどら皮が乗せられ包装されて完成します。

 

 

 

粒あんのみの家傳どら焼きとは違い、餅とクリームもどら皮にサンドされるので、

機械の操作ミスや不具合などが起こらない様に細心の注意を払いながら製造しています。

私も大好きな「桔梗信玄餅どらいす」。より多くの人にこのおいしさを味わってもらいたいと思っています。

 

製造部 長田