2021年02月22日

資料集め

最近は、天気も良く昼間は暖かく

日向ぼっこ日和が続いているので 

ドライブが好きな私は

景色を楽しみながら

遠出をしたくなってきます。

 

まだ県を跨ぐ移動は控えていますが、

 

遠出が出来るようになったら

またアクアテラリウムを作るための資料集めで山や川などを

見に出かけようと思います。

 

 

営業本部営業課 鈴木康弘

 

2021年02月20日

新しい趣味

先日、「森の中の水族館。」へ行ってきました。
こちらでは淡水魚をメインに様々な生物を見ることができます。

館内の水槽は、透明度の高い富士の湧水を使っているので、

魚が空中を飛んでいるかのように見える程に透き通っていました。
泳いでいる魚も様々な種類がいて、メダカなどの小さな魚から

チョウザメなどの1mを超える大きな魚もいて見応えがありました。

 

 

 

 

 

 

 

魚達をゆっくり観賞し、とても興味を惹かれたので、自分でも飼育してみようと思いました。
初心者である私は、観賞魚を飼っている知り合いに飼育する上で注意点などを教わりながら飼い始めました。
現在4種類を飼育していますが、私のお気に入りはシルバーシャークという魚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この名を聞くとサメを連想しますがコイの仲間です。
見た目はシャークと言われるように背びれなどサメに似ています。
ペットショップで20cmくらいのシルバーシャークをみて、一目で気に入り購入しました。
我が家にいる個体は5cmほどなので大きくなるにはまだまだ時間がかかりますが、
飼育環境を整え、この新しい趣味を楽しんでいきたいと思います。

 

本社製造部 内藤和也

 

2021年02月19日

冬から春へ

まだまだ寒いですが昼間は暖かく春の訪れを感じる時間も増えました。

和菓子にも季節感があり、桔梗屋の春の和菓子といえば、

草餅や桜餅、そしてよもぎ饅頭などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節菓子はいろいろな種類があるので、

私も好物ですが、私の両親が桔梗屋のさくら餅に目がなく

仕事帰りに買っていくと、とても喜ばれます。

お菓子で春を感じつつ、春先に向けて仕事も忙しくなるので

体調も万全にして準備していきたいです。

 

営業本部 商品センター 石川健太朗

2021年02月18日

「おうち時間」

 

「おうち時間」や「ステイホーム」

 

コロナ禍が進む世の中で新しい言葉や文化が生まれました。

 

自宅で仕事を行う「テレワーク」や、

画面越しで友人と杯をかわす「リモート飲み会」など

別の場所に居ながらも同じ空間を共有することができる

便利な時代だなとも思いますが、

人と対面することが少なくなったので

少し寂しさも感じるような日々。

 

私もこの時代の中でステイホームの時間を多く過ごしています。

 

ステイホーム中に家族と一緒に

大河ドラマを見る時間があったのですが、

 

見ていて私の中で印象に残る武将といえば誰だろうなと考え、

頭の中に思い浮かんだのはやはり山梨県の名将「武田信玄」

 

地元山梨出身の私は、

同郷の山梨県を代表する「武田信玄」を尊敬しています。

 

例えば、このコロナ禍の時代を

信玄公はどのようにして乗り切っていくのだろう。

 

その時代に合わせて人は考えに考えて、

これまでも大きな困難を乗り超えてきたと思います。

 

冒頭で書いた「おうち時間」「ステイホーム」など

自宅で過ごす時間を充実させることは

この時代を乗り越えていくのに必要なことだと思います。

 

他の従業員の方もブログで数多くのお菓子を紹介していますが、

桔梗屋にはたくさんのおいしいお菓子があります。

 

私も昔からずっと一番好きなお菓子である、「武田信玄」の名前も入った

大好きな「桔梗信玄餅」を食べ、充実のおうち時間を過ごして

日々の仕事に集中していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総務部 庶務課 市川佳輝

 

2021年02月16日

やりがい

山梨市工場の配属になり、4か月が経ちました。
山梨市工場では、桔梗信玄餅万寿や信玄軍配の他、季節のお菓子など沢山のお菓子を製造しています。
その中でも私は、どら焼きの製造によく携わります。
どら焼きにも、桔梗信玄餅どらや家傳どら焼、桔梗信玄餅どらいすなど色々な種類があります。
火や油の調整、包装機の設定など覚えることはとても多く、初めは教えてもらいながら製造を行っていたのですが、
ようやく一人で製造が出来るようになりました。
先日は、バレンタインということもあり、ハートの焼き印のついた桔梗信玄餅どらを製造しました。

 

 

 

 

 

 

時期によって、様々な焼き印があるので今から製造するのがとても楽しみです。
難しい分出来たときの達成感も多く、とてもやりがいのある仕事と感じています。

製造部 山梨市工場 久保川大輝