2024年02月10日

新品の小銭入れ

先日、新しい小銭入れを購入しました。

今まで使っていた小銭入れは
洗濯機で気づかず洗ってしまったりして
革がごわごわになり、使いづらくなってしまいました。

今回購入した小銭入れは、鮮やかな緑色。
とても綺麗な色をしています。

大きさも前回の小銭入れよりも、一回り大きく大容量です。

まだ購入したばかりなので
革が硬く、馴染んでいないのですが
大事に使用していき、経年変化を楽しみたいと思います。

製造部 山梨市工場 又野憲光

2024年02月06日

美味しい、楽しい時間

長女の3歳の誕生日。

次女に引き続き、誕生日ケーキを作ることにしました。
今回も長女はお手伝いをする気満々です。

まずはスポンジケーキの生地を準備します。

生地を混ぜるのは長女の担当。
頑張って生地を混ぜていました。

頑張って混ぜたスポンジケーキ。
上手くふくらんで焼き上がりました。
 
「まだ熱いから、冷めてから飾り付けをしようね」と伝えると、
早く飾り付けがしたい様子で、
おもちゃの温度計でケーキの温度を測っていました。

待ちに待ったケーキの飾り付け。
大好きなプリンセスのエプロンドレスを着て準備万端です。

飾り付けは次女も一緒に。
クリームとフルーツがたくさんのったケーキが完成。

いつも楽しんで、ケーキ作りに参加してくれる子供たち。
一緒に美味しいお菓子づくりをすることが、私にとっても楽しい時間です。

製造部 中沢

2024年02月05日

鬼のお面

2月3日、節分。

節分大福と恵方巻フルーツロールを購入し、
甘いものが大好きな娘の喜ぶ顔が見たくて、
仕事を終え、急いで帰宅しました。

すぐに、娘に節分大福と恵方巻フルーツロールを見せると、
「美味しそう」と目を輝かせていました。

すると、「パパ、これ見て」と、
鬼のお面を装着する娘。

毎年、節分に保育園で作成している鬼のお面。
年々、レベルアップしているお面の質に、娘の成長を感じました。

娘のお面を使い、豆まきをした後、
家族みんなで節分大福と恵方巻フルーツロールを美味しく食べました。

家族みんなが無病息災でいられる事を願っています。

製造部山梨市工場 長田祥三

2024年02月03日

地元トークで甦る思い出

休日に、地元の友達と食事をしました。

地元を離れ、1人暮らししている私にとって、
地元の友達に会える時間は貴重で、凄く楽しいものです。

基本的に、高校時代の思い出話で盛り上がる事が多く、
今回は部活動の事で大いに盛り上がりました。

毎日の練習や、前にこのブログでも書いた「冬練」、
最後の夏の大会の事など、昔の話に花が咲き、あの頃を思い出しました。

高校卒業の際、部活動の顧問の先生が、
「大人になって、部活の話をしながらの食事が1番盛り上がる」
と言っていたことを思い出し、その通りだなと実感しました。

次回はどんな思い出話で盛り上がるのか。
一生の友達、また会える日を楽しみにしています。

本社製造部 市川澄

2024年02月02日

休日のジョギング

私は今年度桔梗屋に入社し、製造部山梨市工場に所属しています。

製造部では体を動かす事が多く、
運動不足だった私は、体力をつけるために
ジョギングを始めることにしました。

桔梗屋に入社する前は、東京で10年程働いており、
10年ぶりに地元山梨を走ると、
改めて山梨の景色の素晴らしさを感じることが出来ました。

子供の頃に通学していた道を走ってみると、
あの頃の思い出が蘇ってきて、とても懐かしく感じました。

ジョギングは始めたばかりですが、これからも継続していこうと思います。

製造部 山梨市工場 小林大介