2021年09月17日

行楽の秋

9月も中旬、風が心地良く感じる季節になりました。
お取引先に向かう道中もエアコンではなく窓を開けて風を心地良く思う程です。
この時期には、毎年楽しみにしている事があります。
それは、自然豊かな山梨県ならではの山々の紅葉を楽しむ事です。
お取引先に向かう際、営業車で山道を走ると感じられる季節の変わり目についつい見惚れる物がございます。
牧丘町三富にある、広瀬ダムの紅葉はとても美しく、毎年楽しみにしております。
現在では、葉の色がほんの少し色付き始めた程度ですが、期待が増々膨らむばかりです。
今年は、八ヶ岳方面を担当しているので、八ヶ岳の紅葉もとても楽しみにしております。
お休みの日も紅葉を見に行く予定なので、おやつに上生菓子を買ってお休みを充実させたいと思います。
営業課 米山賢人
2021年09月15日

ハロウィンパーティー

最近はめっきり涼しくなり、庭から虫の声が聞こえてくるように

なりました。

 

先日、子供が通っている英語教室からハロウィンパーティーの

お知らせが届きました。

毎年、仮装をしてお菓子を持ち寄り交換をします。

コロナ禍ということもあり、手作りお菓子は禁止、

集合写真も中止で、少人数のクラス単位でのパーティー

ですが、子供はとても楽しみにしています。

 

今年はどんなお菓子にしようかと桔梗屋東治郎一宮店を

探していると、かわいい「ハロウィン巾着」が目に留まりました。

中には、ハロウィンの袋に入ったザラメ煎餅が5枚入っています。

  

 

 

 

 

 

 

 

早速一つ購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰って子供に確認すると、「これがいい。」と喜ばれました。

10月になったら、人数分買って持たせてあげようと思います。

 

鈴木

2021年09月14日

感謝を込めて

あっという間に夏が過ぎ、今年はあまり残暑を感じない日が多いですが、

早いものですでに9月中旬、毎年、9月第3月曜日は「敬老の日」です。

今年も、お客様から頂いた「敬老の日」のお菓子セットの仕上げ作業に

商品センターはフル回転で動いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

(特注仕上げの様子)

毎年やってくるこの祝日の由来が気になり調べてみました。

諸説あるようですが、

「敬老の日」は日本生まれの記念日で、その発祥はというと、昭和22年に兵庫県にある村で

「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を生かした村作りをしよう」という考えのもと

「としよりの日」が提唱されのちの昭和41年に「敬老の日」に変わったそうです。

私の親も70歳になり、子供たちにとっても大切なおじいちゃん、おばあちゃん。

私は普段、素直に感謝の言葉など伝える機会がないので

週末にやってくるこの特別な日に、しっかりと新型コロナ対策をして

子供たちと一緒に、ありがとうと感謝の気持ちを込めて

ささやかなプレゼントを届けようと思います。

 

商品センター 野澤

2021年09月13日

さつまいものお菓子

9月に入り、気温や風などから秋の訪れを感じ始めています。
私の好きなさつまいもが登場する楽しみな季節です。
桔梗屋では秋の味覚を使ったお菓子が様々あり、
その中にはさつまいもを使ったお菓子もあります。
先日売店で、「焼きいもどら焼き」 「芋きんつば」 「芋太郎」を購入しました。
そして、一つだけのつもりが思わず全て平らげてしまいました。
食欲の秋とも言われている季節です。
食べ過ぎに気をつけて、秋の味覚を楽しんでいきたいです。
本社製造部 内藤和也
2021年09月12日

秋といえば

9月に入り、鈴虫が鳴き始め
秋を感じ始めた頃。

桔梗屋直営店で秋を感じるお菓子も

店頭に並び始めました。

秋のお菓子と言えば
私の大好物である

大きな栗が入った「栗どら焼き」

可愛く桔梗の柄で包装された「胡桃饅頭」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲の秋という事で
食欲旺盛な私は
毎日食べてしまいそう。

しっかり睡眠をとり
栄養をたっぷり補給して
新型コロナに負けないように生活したいと思います。

営業本部商品センター 松土 祐太