2018年11月28日

”You are what you eat”

”You are what you eat”

「あなたはあなたの食べたものでできている」

この言葉は高校時代の恩師から教わったもので、私は今でもこの言葉をとても大切にして毎日を過ごすようにしています。

気付けばアラサーと呼ばれる年になり、結婚もし、年長者にご飯を作ってもらう側から、自分でご飯を作り、家族に提供する側へと移行した私。

以前よりほんの少しだけ疲れやすくなったり、風邪の治りが遅くなったりする自分や、ややメタボ気味の主人、今後生まれてくるであろう子供の健康のことを考えると、冒頭の言葉はより一層心に響きます。

なので、私はどんなに忙しくてもなるべく自炊をするようにしているのですが、その際、出来る限り守るようにしている2つのルールがあります。

 

ひとつは、旬のものを食べること。

例えば、これからの季節なら白菜、大根、ネギにほうれん草などなど。

旬の食材は、そのシーズンを元気に過ごすために必要となる栄養素を豊富に含んでいるので身体に良く、また、たくさん出回るために値段も安くて、お財布にも優しい家計の救世主でもあります。

 

そして、もうひとつは、自分が生活している環境と同じ環境で育ったものを食べること。

ここ数年知られるようになってきた言葉に「身土不二」というものがあります。

これは、人間の身体と土(土地や環境)は切り離すことのできない一心同体の関係にあるため、自分が暮らしている地域で採れた自然のものを食べるのが健康に良いという考え方のことです。

 

この2つのルールをきっちり守るのはなかなか大変なことではありますが、困った時にいつでも頼れる心強い味方が私にはついています。

それは、本社工場テーマパーク内にあるグリーンアウトレットです。

笛吹市や明野町の自社農園「ハイジの野菜畑」ですくすくと育った旬の野菜などがいつでもたくさん並んでいるため、お昼休憩や仕事帰りなどにふらっと気軽に立ち寄ることができます。

先日は、冬の訪れを感じさせる柚子の香りに誘われて、冬の果物や野菜を何種類か購入し、「野菜を食べやさい。」なんてさむーいギャグを言いながら、紅芯大根の甘酢漬けとゆず大根を仕込みました。

 

 

結構たくさん作ったつもりが、なんと1日でぺろりと完食。

おいしい野菜はお箸がスイスイ進むようです。

しかし、予想外の早さでおかずがなくなってしまったので、急遽買い出しに行かなくては。

こんな時、徒歩30秒の距離にグリーンアウトレットがあってよかったな、なんて思います。

さてさて、今日は何を買って帰ろうかな。

 

 

小野田

 

2018年11月27日

バースデーサプライズ

先日のお休みに、前々から計画していた

友人の誕生日祝いをしました。

 

誕生日の友人には来ることを知らせていない

私や共通の友人たちが、サプライズゲストとして登場することから始まり、

車に乗ろうとしたらたくさんのプレゼントが置いてあったり、

食事をしたお店でバースデーケーキが登場し、

店員さんと他のお客さんも巻き込んで

みんなでハッピーバースデートゥーユーを大合唱したり。

 

ところどころでバースデーサプライズを行ったのですが、

共通の友人たちと綿密に打ち合わせをした甲斐あって無事に成功。

 

たくさんの驚きの顔と笑顔を見せてくれた友人ですが、

その中でも特に喜んでくれたのが贈り物のブーケでした。

 

大人びた雰囲気で「エレガント」という言葉がぴったりな

友人のイメージに合わせ、ピンクと紫のブーケを

ドルチェヴィータで作成していただきました。

 

改まってはあまり言わない、いつも「ありがとう」という

言葉と「おめでとう」という気持ちをお花に込めて。

 

友人にとって特別な1日になってくれていたら

嬉しいな、と思った日でした。

 

総務部 大久保

 

2018年11月26日

やりがい

私は普段本社工場2F桔梗信玄棒の製造に携わっているのですが、
工場見学2Fには製造部直売所や試食コーナーがあり、毎日たくさんのお客様にお越しいただいております。
特に週末は、直売所に行列が出来るほどの大盛況です。

昨日までの3連休もたくさんのお客様にお越しいただき、製造部直売所の品出しの手伝いをした際
桔梗信玄棒を試食したお客様の「美味しい」「ふわふわでしっとりしてる」という声が耳に入りました。
今まではガラス越しに試食している姿を見ていたのですが、
実際に美味しいと言ってくれる方や飛び跳ねて喜んでくれるお子様を見てこれ以上にない喜びややりがいを感じました。
これからも品質、衛生面に気を付け、お客様に笑顔を届けられるように業務を行っていきたいです。

製造部 久保川

2018年11月24日

「いつもありがとう」

11月の後半に差し掛かり今年も残りひと月と少しとなりました。
この時期になると周りでは少しずつクリスマスの飾り付けをする家が見受けられます。

私は毎年、いつもお世話になっている両親をハイジの村のクリスマスディナーに招待していて、

両親は美味しい料理と幻想的なクリスマスをいつもとても楽しみにしています。
80万球のイルミネーションと今年は教会に映し出されるプロジェクションマッピングもあるので
去年よりさらに喜んでもらえたらと思います。

 

製造部 鈴木

2018年11月24日

新そば祭り スタート

待ってました 一年ぶりの新そば祭り。

自社農園ハイジの野菜畑 富士吉田桔梗屋農場で収穫したそばの実を自社で挽き、挽いて間もないそば粉で作ったそばを食べれる。こんなおいしい時期を逃せません。そして何よりも、新そば祭りは「天ざるそば」「天ぷらとろろそば」を注文すると、「新そば」食べ放題なのです。

 

毎年この新そば祭りを楽しみにしている家族とも、今朝の山梨日日新聞の掲載広告を見て、新そばの時期がきたねって盛り上がってきました。今年はそばに加えて明日から期間限定販売で「新蕎麦まんじゅう」も販売するので、どんな味か楽しみでたまりません。

 

私は本日の仕事の休憩に「天ざるそば」を権六で食べる予定です。食べ盛り突入の子ども達はとろろも食べたいと言っていたので、きっと水琴茶堂限定の「天ぷらとろろそば」を食べに水琴茶堂に行くのではと思っています。

 

昨年はおかわり2枚で満腹だったので今年はおかわり4枚目標です。おかわりの新記録を狙っているのですが、お食事にサービスでついている新鮮野菜のおごっそうバイキングもおいしくてついつい食べてしまうのです。そばか おごっそうかそれとも両方かすべては私のお腹の空き次第。またその結果は後日お伝えします。

 

直営店 しみず