2020年12月27日

今年1年を振り返って

 

早いもので今年も残りわずかとなりました。

 

大掃除や年越しの準備に追われていますが
まだやり残したことはないか、私自身少し焦りを感じています。

 

そんな中、今年1年を振り返ってみると
私は様々な部署で業務に携わる機会がありました。

 

中でも印象に残っているのは商品センターです。

 

出荷準備や発送業務に携わり、
商品をどのように管理、出庫しているのか様々な
視点から学ぶことができました。

 

また多くの方に愛される商品をお届けする仕事を
誇らしく思います。

 

まだまだ未熟ですが
来年も多くのお客様に「ふるさとの味」をお届けできるよう頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本社製造部   古屋 茜

2020年12月26日

洗車

 

通勤ではいつも欠かせない車。

 

先日スタッドレスタイヤ交換した時に、

 

車が汚れていたので先日洗車をしました。

 

道具などをホームセンターで買い

 

掃除をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段細かい所を見ていなく、ホコリや汚れなどが多々あったので、

 

カーシャンプを使い、汚れを徹底的に落とすことにしました。

 

 

 

 

その分やりがいがあるので、丁寧に汚れを落とし、

綺麗に仕上げました。

 

 

 

仕事でも機械の細かい部分などの掃除を徹底的にやって、

 

常に綺麗な状態を維持できるようにしていきます。

 

本社製造部 矢﨑 弘

 

2020年12月25日

クリスマス

12月24日はクリスマスイブです。

桔梗屋では、従業員・お取引様限定で様々な種類のクリスマスケーキの販売をしています。

毎年欠かさず注文していて、家族にも大変好評です。

今までは購入しているだけだったのですが、今年は製造に携わり、

POMODORO LAKE VIEWのパティシエと一緒に作りました。

普段とは違った作業ではありましたが、パティシエが手際よく作っていく様子を間近で見ながら、

その素晴らしい出来栄えに感動し、一層楽しみになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またクリスマスケーキの他にもクリスマスチキンやクリスマスオードブルも販売しています。

クリスマスチキンは毎年とても柔らかく、照り焼きダレがたっぷりとからまっていてとてもおいしいです。

クリスマスオードブルは様々な種類の料理が盛り込まれ、見た目にも鮮やかでボリュームがあり、

子どもから大人まで楽しめる豪華なセットです。

大好きな料理がたくさん入っているのでどれから食べるか迷ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

今年のクリスマスも家族と一緒に楽しく過ごせそうで、今から楽しみです。

 

本社製造部 内藤和也

 

2020年12月24日

和菓子でホワイトクリスマス

私には毎月、密かに楽しみにしていることがあります。

それは桔梗屋のホームページの「桔梗屋のお菓子」に載る上生菓子を

チェックすること。

和菓子はなかなか作る機会もなく、自分では簡単なものしかできないので、

職人さんたちの技光るお菓子に毎月わくわくしています。

 

今月の、雪を連想させる白い上生菓子たちは、

左から「聖樹」「雪景色」「万両」というそう。

実物は写真以上にとても美しく、食べるなんて勿体なくて

ずっと眺めていたいくらいです。

通勤の妨げになるので雪はあまり好きではないのですが、「万両」や

雪が降り積もっていく様子が表現されている「雪景色」を見ていると、

雪っていいなあという気持ちになってくるので不思議です。

中でもクリスマスツリーを表現した「聖 樹」の、金箔と銀箔がそっと

添えられている控えめな華やかさが特にお気に入り。

 

今年のクリスマスは毎年のケーキやチキンにこの上生菓子も加えて、

ほっこり1人静かに過ごそうと思います。

Ka

2020年12月21日

年を越すための準備

「今年も年賀状をお願い」
この時期になると、決まって両親から年賀状作成の依頼がきます。

来年は丑年なので、好きな丑の絵柄や言葉を選んでもらいました。
少しコメントが入れられるように絵柄を配置し、印刷を行います。

 

 

 

 

 

 

 

50枚程度なので2時間程で作成出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

年越し間際までかかってしまった昨年とは違い、今年は早めに作ることが出来て一安心しました。

今年は、妻が年越し蕎麦の天ぷらを作り、両親と一緒に食べる約束をしています。
水琴茶堂のおせちも持って行き、ゆっくりと年を越せそうです。

製造部 山梨市工場 久保川大輝