2021年09月02日

魔法の言葉

1歳9ヵ月になった私の娘。

最近は色々な言葉を覚え、「おかえり」「おいで」など話せるようになりました。

そして、先日ついに「ママ大好き」と言葉を発し、羨ましそうに見ている私にも
「パパ大好き」と非常に嬉しい言葉をくれました。
娘の成長の早さに私たちは毎日驚かされ、覚えたての言葉で元気をもらっています。
娘の魔法の言葉を力に変えて、日々の仕事も頑張っていきたいと思います。
製造部山梨市工場  長田祥三
2021年08月29日

今日は何かな

私の所属している商品センターでは、体力を使う作業も多くスタミナが大事です。

お弁当を持参する事もありますが、会社敷地内にある激安コンビニで販売している

ボリューム満点の「工場の社食弁当」をよく購入します。

 

 

 

 

 

 

(写真は豚キムチ弁当)

社食弁当は、ボリューム満点で税込320円というお値打ち価格。

買う頻度が多い為、お財布と胃に優しいです。

工場の社食弁当は日替わりになっていて、

僕は特に豚キムチ弁当と唐揚げ弁当の日が本当に楽しみです。

ここ最近、また暑さが戻っているので、熱中症対策をしつつ、

お弁当を食べてしっかりスタミナをつけて頑張ります。

営業本部 商品センター 石川健太朗

2021年08月28日

「 リベンジ 」

今年は好調だった夏野菜もそろそろ終了。

 

 

 

 

 

 

いまだ好調なナス、復活してきたズッキーニがんばってます。

 

 

 

 

 

 

 

お盆の安倍川餅の製造などでとても忙しかった8月ももう終わりです。

ひと段落したので、秋冬野菜の準備です。

石灰・堆肥を昨年より多めに撒き初心者マークの妻が耕運機で耕転していきます。

 

 

 

 

 

 

 

がんばってはいますが、今一なところは後で手直しです。

まだまだ仕事も忙しいですが、仕事の合間をみてコツコツ作業して、

昨年の出遅れて全滅だった分を取り戻したいと思います。

 

製造部山梨市工場 中山猛

2021年08月27日

夏から秋へ

実家が農家の為、
少し前は朝出勤前に、畑に行き桃の収穫を行い
仕事から帰宅後は出荷作業を手伝って
毎日作業に追われていましたが、
桃の時期も終わりに近づいています。

今は、シャインマスカットの収穫に移り変わり
9月一杯までは同じサイクルが続きます。

桔梗屋でも山梨県の代表的な葡萄でもある「甲州」を使った
「月の雫」というお菓子があります。
生の甲州葡萄を使ったものなので、葡萄がとれる9月下旬頃から販売する
季節限定のお菓子です。

「月の雫」はデリケートなので
毎年、商品センターでも、取り扱いに細心の注意を払い出荷をしています。

営業本部 商品センター 金子

2021年08月24日

桔梗屋の味

1月に育休が明け、職場復帰をしてからあっという間に半年以上が経ちました。

復帰した時にはまだハイハイだった娘も、今では走り回ったり、おしゃべりをするようになったりと、とても賑やかです。

ひと月ほど前からはおもちゃのマイクを持って歌まで歌うようになったので、何か歌ってとリクエストをしたところ、大好きなどんぐりころころやおべんとう箱の歌をよく歌っていました。

そして、先週のこと。

いつものように歌をリクエストしたところ、なんと「ききょうやのーあーじー」と笑顔で歌ってくれたではないですか。

驚いて、もう一回歌ってとお願いすると、また同じように歌ってくれました。

山梨県民なら誰でも歌える桔梗信玄餅のCMソング。

まさか1歳の娘も歌えるようになるとは。

それ以降、毎日親子で楽しく歌っています。

娘は特にザリガニ釣りバージョンのCMが好きなようで、CMを見ると「おにいちゃん、ザリガニ釣ってる」と指差しをしたり、「ききょうやのーあーじー」とはしゃぎながら歌っています。

 

 

 

 

 

 

まだ娘は小さいのでお餅は食べられませんが、早く桔梗屋の味を知ってもらいたいなと思う母なのでした。

経理計算課・小野田