2019年07月26日

夏野菜

太陽の光をたっぷり浴びた元気な夏野菜を使った料理を
家族に振る舞いたいと思いグリーンアウトレットに行きました。

自社農園「ハイジの野菜畑」で育った夏野菜が沢山並んでおり、
その中からズッキーニ、オクラ、桃を使い夏野菜カレーとサラダを作ることにしました。

野菜本来の味を楽しみたかったので煮込む野菜は大きめに切り、
カレーの上にも素揚げした野菜を乗せてみました。

色とりどりの野菜が食欲をそそります。

そしてもう1品。

以前職場の先輩に教えて貰い気になっていた桃と生ハムのサラダも作りました。

普段、料理を振る舞うことはあまりないので家族はとても喜んでくれました。

山梨で育った夏野菜を食べて暑さに負けず元気に過ごしてもらいたいです。

本社製造部 清水愛里紗

2019年07月25日

マタニティロゼット

 

私の趣味は色々な物を手作りする事です。
最近、一段と

モノづくりの楽しさに目覚めてきました。

 

美味求真でも取り上げられているリメイク作品。
私にも何か作ってみたいと思い、

いろいろ調べてみました。

ひらめいたのはマタニティロゼット。
なにそれ、という方もいるかと思いますので
簡単に説明をします。

 

まずマタニティマーク、妊婦さんが

交通機関等を利用する際に身につけ、
周囲に妊婦であることを

示しやすくするものです。

そのマタニティマークをロゼット
(リボンで作った勲章のようなバッチ)にしたものが
マタニティロゼットです。

 

現在、私の周りは出産ラッシュで
専門学校の友達は

4人のママになった子もいます。

そんな友達にプレゼントしていたのが
このマタニティロゼット。
カバンに付けた写真がこちら。

 

普段はリボンを使って作りますが
風呂敷をリボン状に縫い作ってみたところ
可愛らしく仕上がりました。

裏にもチラリと桔梗柄。

桔梗屋には妊婦さんも多いので、
プレゼント出来るようにとせっせと作ろうと思います。

製販調整室  おおたけ

2019年07月23日

化石発掘

先日、北杜市で行われている化石発掘体験に、子供たちと行ってきました。

去年参加したときは、植物の化石を一つしか見つけられなかったので、

子供も私も今年こそはっと気合が入っていました。

 

参加者は約40名ほどで岩手県久慈市の化石発掘現場から運ばれた来た土を、

薄く広げたり、土の塊を手で割ってみたりと、何か入っていないか一生懸命探します。

回りではぞくぞくとプレミア化石(動物の骨や歯)が見つかる中、私達のテントからは

なかなか見つかりません。

 

そんな中、子供2人が小さな固まりを見つけました。専門家に見てもらったら、琥珀とのこと。

琥珀とは天然樹脂が化石になったもので、時々、虫が中に入った状態で化石になるものもあるそうで、

こちらはプレミア化石にとのこと。

子供が見つけたのは中に何も入っていない琥珀でしたが、去年は見つけられなかった琥珀を

見つけることが出来たので大喜びでした。

大満足の帰り道の途中で、菓々茶寮韮崎店によりランチタイム。

早速、注文をしてけんちん汁やサラダバーをいただき、待つ事数分。

美味しそうな香りを漂わせてやってきました。あごだしラーメン。

化石発掘を一生懸命やって、お腹がすいていたのか、子供たちも

一人前を一人でペロっと食べてしまいました。

もちろん、私の天ざるも子供より早く完食です。

来年こそはプレミア化石を見つけたいと子供たちは張り切っていました。

 

仕入課 鈴木

2019年07月22日

 新しい繋がり

 

昨年山梨市から引っ越して春日居に移り一年が経過しました。

今年の4月から春日居の消防団に入団して活動をしています。

もともと山梨市に住んでいたので春日居にはほとんど知り合いが

おらず最初はなかなか打ち解けられずぎこちなかったのですが

消防団の先輩方や同年代の人達と話すうちにだんだん意気投合

できるようになり、最近ようやくなじめてきた気がしています。

 

活動の際に詰め所で会議を開くので桔梗屋で作っているお菓子を

差し入れに持参したところ疲れている時にはやっぱり甘いものが

いいね、これすごく美味しいね、桔梗信玄餅以外にもこんなに

たくさんお菓子があるんだと喜んでくれました。

 

 

 

新しい環境、様々な人達との交流今までとは違った刺激を受けて

これからも頑張っていこうと思います。

 

本社製造部 丸田 貴臣

2019年07月21日

色々な楽しみ方があります

雨や曇りの日が続き、夏の日差しを待ちわびている今日この頃ですが、私が勤務している桔梗信玄餅工場テーマパークの工場見学通路では、学校が夏休みに入り、お子様連れのお客様が増えたように感じます。


仕事で使用する備品を取りに行くため、工場内の通路を歩いているとお菓子の詰め放題を体験し、詰めた個数を見せ合っているお客様や「すごい、結ぶスピードが早いね。」と目を輝かせて、桔梗信玄餅のシートを結ぶ工程を真剣に見ているお子様。また、製造工程の音声ガイダンスに聞き入る年配のお客様もおり、幅広い年代のお客様がそれぞれ楽しんでいる様子。


「普段はなかなか見ることができない各製造工程における細かい作業に注目しながら、工場見学を楽しんでいただければ」と心の中で思いながら、お客様の見学の邪魔にならないよう、今日も足早に通り過ぎます。

 

 

財務部 鈴木